ウエスカ 岡崎。 岡崎慎司の今後はどうなる? 最下位ウエスカで監督交代、新体制の見通しは…【分析コラム】

岡崎慎司にウエスカファンもぞっこん。リーガ2部で最高評価されている|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

☢ は27分、カウンターを仕掛けると、自陣から相手エリア手前までドリブルで運んだオリベル・トーレスが左足で鋭いシュートを放つが、GKの好セーブに阻まれる。 三好はベンチ外だった。 試合を支配するセビージャは前半アディショナルタイム1分、アレイクス・ビダルが左サイドからクロスを送る。

11

岡崎慎司が先発のウエスカは2連敗…セビージャが5連勝で暫定3位浮上(2021年2月14日)|BIGLOBEニュース

🖐 57分、右サイドの深い位置でスルーパスを受けたオリベル・トーレスがゴールラインぎりぎりでクロスを上げると、これにムニル・エル・アダディがヘディングで合わせ、ネットを揺らした。 ウナイ・ヌニェスに完全フリーでヘディングシュートを叩き込まれた。 2019年夏にウエスカの指揮権を託されたミチェルは、1シーズンで1部昇格を達成。

岡崎慎司の今後はどうなる? 最下位ウエスカで監督交代、新体制の見通しは…【分析コラム】

☯ 結局、ラファ・ミルがアディショナルタイム含め30分強のプレー時間の中でボールに触ったのは5回だけ。 「リーガ1部の中堅クラスのクラブでプレーできる能力」 長期にわたって日本代表のスカウティングリポートを綴ってきたスペイン人指導者、ミケル・エチャリは、2009年時点で、岡崎にどの代表選手よりも高い評価をつけていた。 立ち位置によっては1人だけでなく、2人あるいは3人同時にけん制するような「間」を取ることも可能になる。

14

岡崎慎司の“守備”はやっぱりすごい。連勝逃したウエスカ、敗因はミチェル監督の交代策にあり【分析コラム】

🖖 残留ラインが例年通り35ポイントから40ポイント前後になるとすると、後半戦で20ポイント以上の上積みが必要になる。 岡崎も新監督のもとで、新たな競争に挑まなければならない。 ホームで負けられないは72分、岡崎をピッチへ送り出す。

13

ウエスカ1部復帰貢献、岡崎に地元メディア称賛 技あり弾に「記念碑的なヒールキック」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

🚀 ウエスカは前節に続き2連敗で最下位のままとなった。 前節のレアル・マドリード戦に敗れ最下位のウエスカと、公式戦8連勝中で4位につける好調なセビージャの一戦。

11

34歳のウエスカFW岡崎慎司、欧州トップリーグでの続行を強調も「いずれはJリーグに帰りたい」

👇 しかし、彼の貢献度の高さはボールに触らない場面によく表れていた。 セビージャは消化試合が1試合少ない3位バルセロナと勝ち点差1ポイントとなっている。

2

【徹底分析】「ウエスカにとって岡崎慎司以上の9番はいない」西紙分析官が“老獪”で“多彩”な男の重要性を紐解く

🤘 試合はこのまま終了。 後半へ折り返したウエスカは49分、ミケル・リコからエリア内でパスを受けたパブロ・マフェオが左足でシュートを放つが、相手ディフェンダーにブロックされる。

å²¡å´Žæ…Žå¸ã€ãƒ¬ã‚¢ãƒ«æˆ¦ã§ã‚¦ã‚¨ã‚¹ã‚«ã®å…ˆåˆ¶ç‚¹ã‚¢ã‚·ã‚¹ãƒˆï¼å³ã‚µã‚¤ãƒ‰çªç ´ã‹ã‚‰çµ¶å¦™ãªã‚°ãƒ©ã‚¦ãƒ³ãƒ€ãƒ¼ã®ã‚¯ãƒ­ã‚¹é€ã‚‹

👉 ウエスカに所属するFWは4試合連続でスタメンに名を連ね、60分までプレーした。 ビルバオ戦前半のウエスカは、岡崎を基準としたプレッシングが機能していた。 これが相手ディフェンダーに当たって軌道が変わると、ボールは枠内へ飛んだが、GKの素早い反応でゴールとはならなかった。

14

岡崎慎司が先発のウエスカは2連敗…セビージャが5連勝で暫定3位浮上

🔥 しかし、その指揮官は直後に解任された。 次節、セビージャは22日にアウェイでオサスナと、ウエスカは21日にホームでグラナダと対戦する。