Ngt 裁判

NGT裁判、和解が成立 損害賠償数百万円、謝罪文&“出禁”

ngt 裁判

1.NGT裁判の報道 ネット上に、 「山口真帆『襲撃犯ツーショット写真』流出! 裁判隠し玉は『交際日記』」 という記事が掲載されています。 >NGT48の他のメンバーは本件に一切関与していなかったということ 加害者側が若いのために無理からに言っている内容で、なんの証拠にもならない。 これについて遠藤弁護士は「今までの準備書面のやりとりで、被告の主張は出尽くしている。 本件の問題は判決効が及ぶとか及ばないとか形式論理を離れたところ、世の中の空気が作り出され、それによって多大な不利益を受ける可能性があるということにあります。 山口が主張した「顔をつかむ」などの暴行は否定した。 「訴訟の一番の目的」を問われると「被害による損害賠償請求ということもありますが、真相解明をメンバーの方々、親族の方々が求めている。 一概に誰が悪いとかではない。 吉本興業は社長が時間無制限の記者会見を行ったが、AKSは吉成社長がまったく表に出てこない。 X氏は「何年分もたまっていた不満がバン!となった。 AKS側が獲得目標としていた「真相」がどう定義されるのかは今一外部に明確でではないものの、特に有意な事実が付け加わっているように思われないうえ、事実認定が被告の主張に引きずられているように見えるため(特に暴行の態様など)、得られたものは特にない、つまり、敗訴的和解だという判断を維持しています。 」 とコメントしていました。 要は、運営の側は、山口さんいじめの黒幕、荻野、中井、西潟、太野が、関与していないとアピールしたかっただけだ。 その趣旨を、今回の日刊大衆の記事に、当てはめて説明します。 民事訴訟は、基本的に、私的な利益を追求するためにやります。 陳述書とは、事件に関して経験したり認識したりした事実を時系列に沿って述べたもので、言い分を裁判所や相手方が理解し、事件の経緯や問題の所在を把握するために用いられる書類です。 」 と書かれています。 山口は動画で「クリーンなNGTにするって言ったのに、新しいNGTにするって言ったのに悪いことしてるやつ解雇するって言ったくせに何も対処してくれない」と訴えており、運営側への不信感が募っていることは明らかだった。 そこでこの事件の不可解な点について振り返っておきたい。 」 としか認否できません。 訴状には、事件当日に山口とAKS関係者が男性2人と話した内容や、男性2人が事件現場となった山口の自宅マンションに出入りできる状況で、一部メンバーとは以前から一緒に食事や遊んだりするなど交流を持っていたことが記載されていた。 そこは裁判の意義の一つで、 一定の効果はあったのかなと思う」 と話した。 」 とう事実は、すんなりと認められてしまう可能性が高くなります。 」 「弁論主義の具体的内容は、以下の3つに区分される。 また、接触をしないこと、イベント等に参加しないこと』と説明。 遠藤弁護士も 「裁判所から和解の提案があったので、それに従って素案を書いて(被告側に)検討していただいている。 」(157条1項)、 と規定しています。 犯人が暴行事件を起こしたのが発端だが、広告契約の中止など活動制限に追い込まれたのは運営のAKSが事件そのものを隠蔽しようとして下手を打ったことが原因です。 山口からは「他のメンバーと繋がっているんでしょ」と指摘され、誤解を解きたい気持ちもあり、12月8日、A氏は山口の部屋の前で接触したと説明している。 AKS側の代理人である遠藤和宏弁護士は閉廷後、報道陣の取材に対応。 」 という記述があります。 依頼を断ることに正当な事由を必要とする医師などの例外はありますし(医師法19条)、人種差別のようなことまで認められているわけではありませんが、私法の世界では基本的に「気に入らないから。 そのような約束がなくても、名誉毀損をすれば、普通に犯罪として摘発されます(刑法230条1項)。 新潟を拠点とするアイドルグループ、NGT48の元メンバー、山口真帆(24)に対する暴行問題をめぐり、運営会社、AKS(現ヴァーナロッサム)が暴行容疑で逮捕された男性ファン2人=不起訴=に3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判が8日、新潟地裁で行われ、和解が成立した。 他のメンバーの不関与を立証することが訴訟の目的だということを、訴訟の初期段階で明確に定義していたわけではないからです。 AKB48グループの運営会社・AKSが、18年12月にNGT48の元メンバーで女優の山口真帆(24)への暴行容疑で逮捕され、不起訴となった男性2人に対して損害賠償を求めた訴訟の弁論準備手続きが27日、新潟地裁で行われ、次回期日の4月8日に、AKSと被告側との和解が成立することが濃厚であることが分かった。 AKSスタッフに山口とのつながりを隠すため、しどろもどろな発言をし、メンバー8人の名前はとっさについたうそだったと主張している。 なお、AKSの裁判の意図が真相の究明や損害賠償責任の追及とは別のところ、山口氏への嫌がらせにある場合には、呼ぶのか呼ばないのかの予測は困難です。 AKS側が2人の逮捕時の供述調書などの開示を求めた文書送付嘱託については、新潟地検が応じなかったという。 『一定程度の事実』については4つあり (1)『被告らが山口への承諾を得ずに訪問し、少なくともドアを引っ張り合うような形で暴行をしたこと』。 また山口を強襲した理由について、被告はスタッフへは次のように説明している。 山口氏の側にしても、自分が当事者になっている裁判というわけではないため、訴訟に積極的に関与して自分の事実認識を語ることができるわけではありません。 しかし、これは事実が存在しないことを意味するわけではありません。 @事件時、山口がメンバーの関与を疑った根拠は、山口に問い詰められたX氏がメンバー8人の名前を口にしたことだ。 被告らが不関与を認めたことが一定の成果ではないかという考え方もあるかも知れませんが、そういう見方は少し疑問に思っています。 」 という被告の本人供述しかなく、 「プレゼントは受けていません。 言っていることがコロコロ変わるから信用できないという理屈は、言っていることが変わっている理由に合理性がない場合でなければ成立しません。 動画配信は中途半端なところで途切れてしまったが、山口は明朝にTwitterで次のように詳細を明かした。 @この点についてX氏は陳述書で、駆けつけたNGTスタッフに山口との関係を気付かれないための「適当なウソ」としている。 現在、運営会社のAKSは暴行事件に関わったファンの男たちと民事裁判で争っているが、両者の主張は対立を続けており、その決着は来年に持ち越されることになった。 成果に関しては社内の関係者でのみ共有する。 被告となった二人が、事件についていい加減な事実主張をしたとしても、当該主張の真偽を山口氏に直接確認することができなければ、有効な反論を打ち出すことに難渋するのではないかと思います。 10月30日、「スポーツニッポン」は山口と暴行事件の被告との「つながり」を示す証拠として、二人のツーショット写真を掲載。 今回の訴訟でAKS側は当初、「公開法廷の中で、事実を白日の下にさらす」と宣言していたが、結果としてほぼ公開されないままでの和解となる見込み。 その中で、 「真相の究明が本当に可能なのだろうかと疑問に思います。 2017年に行われたファン交流イベント「写真会」で撮影されたもので、山口と犯人男性がそれぞれ「602」「303」を手指で示したポーズを取っている。 (2)『暴行に関して他のメンバーから山口さんの部屋番号を聞いたり、他のメンバーにそそのかされて部屋に行ったことは事実に反することを発言し、その録音テープが外部に流出したことで誤解を招いてしまったこと』 (3)『(2)に関連して他のNGTメンバーは事件に関与していなかったこと。 28日に同地裁で非公開で行われた弁論準備手続きでは、山口との関係を示す物証を数点提出。 第1に、権利関係を直接に基礎づける事実、すなわち主要事実については、当事者による主張がなされない限り、裁判所は、これを判決の基礎とすることはできない。 これについて遠藤弁護士は「今までの準備書面のやりとりで、被告の主張は出尽くしている。 記事には、 「『勝訴的和解か、敗訴的和解か?』という問いについては『私は勝訴的和解と思っている』とし、被告からは数百万円の損害賠償金とA4サイズ1枚の謝罪文が提出されたことを明かした。 本件に関しては、概ね言いたいことは言った感はあるのですが、自分の書いたこととの整合性に関しては、説明を補充しておきたいと思います。 NGTは劇場公演やツアーが中止となり、広告契約の更新見送りによる損失やメンバーの警備費用なども発生している。 そこで山口は「メンバーの誰から自分の部屋番号を聞いたのか」と被告を問い詰めた。 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の元メンバー、山口真帆さん(24)に対する暴行問題をめぐり、運営会社「AKS」(東京)が、暴行容疑で逮捕された男性ファン2人=不起訴=に3000万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判で、新潟地裁が原告と被告に和解を提案したことが2日、AKS側代理人弁護人への取材で分かった。 そのうえ1月10日の劇場公演でステージに立った山口真帆が、「お騒がせして申し訳ない」と謝罪したことで、暴行を受けた被害者がなぜか頭を下げるという異様な光景に、運営への批判が続出した。 という曖昧な話ばかり。 事件発生から発覚までの空白の1カ月間に、どのようなやり取りがなされていたのかは一切不明だ。 そこまでしないと山口教信者達は納得せず、真相が明らかでないと言って誹謗中傷を繰り返すでしょう。 」 と書かれています。 結果、事実認定が被告の主張の側に流れ、真相がますます良く分からなくなってしまうこともあり得ると思います。 @「山口さんに反論する気はない。 そうした事情も含めて真相を究明していきたい」とした。 」 と書かれています。 一般の方は、こういう結論をおかしいと思うかもしれません。 」 と規定しています。 地元新潟の食品メーカー「一正蒲鉾(いちまさかまぼこ)」などスポンサー契約は打ち切られ、グループ結成当時から続けてきたテレビやラジオ番組も終了した。 1点目は、事件当時、山口の承諾を得ずに自宅を訪問し、少なくともドアを引っ張り合うという形で暴行したということ、 2点目は、暴行事件直後に山口らから問い詰められた際、他のメンバーから山口の部屋番号を聞いたり、そそのかされて部屋に行ったなどと事実に反する発言をし、そうした録音テープが流出して誤解を招く結果になったことを挙げた。 そこは裁判の意義の一つで、一定の効果はあったのかなと思う」と話した。 そのうえで、<山口真帆は私的に会うことを承諾し、被告に自身が居住するマンションの名前と、部屋の番号。 6.司法記者の倫理 一般社団法人日本新聞協会の新聞倫理綱領には、 「新聞は人間の尊厳に最高の敬意を払い、個人の名誉を重んじプライバシーに配慮する。 第2は、主要事実について当事者の自白の拘束力が認められることである。 裁判では「乞うご期待」みたいなことは普通生じません。 その後、二人はTwitterのDMを介して交流し、2017年4月頃には被告は山口と同じマンションの別の階の部屋を借り、廊下で山口と密会してプレゼントを渡すなどの私的交流をしていたという主張だ。 4.AKSは山口氏を証人として呼ぶか もちろん、以上のような供述証拠の状況は、山口氏が法廷に出てきて、 「プレゼントは受けていません。 その後、今年1月に山口が事件を明らかにして以降、劇場公演の中止や予定していたホールツアーの中止、広告打ち切りなどによる損失、メンバーの自宅警備費用などにかかった計1億円余りのうち3000万円を請求している。 yahoo. 弁護士が訴訟の勝敗をどのように判断するのかというと、当初設定された獲得目標との関係で理解して行きます。 山口に対しては「悪い感情もなければ、成長させてくれた感じかな。 2.和解の評価(勝訴的和解か、敗訴的和解か) (1)勝ち負けの基準 結論から申し上げると、予想したとおり、AKS側の敗訴に近い和解だと思います。 荻野、中井、西潟、太野が、山口さんいじめに関与してなかった証拠はない。 これが、関係者不在のところで、事実が作り出され、真相がますます分かりにくくなってしまうメカニズムです。 判決の効力は基本的には当事者にしか及ばないからです(民事訴訟法115条1項1号)。 ところがこの時、生中継で会見を見ていた山口がリアルタイムでTwitterを更新。 3.被告の立証予定から「つながり」があると推測して良いのだろうか? 賃貸借契約書、購入明細書、運送記録に関しては、一般の方でも比較的容易に想像できるものだと思います。 証人尋問をして判決まで争うという可能性もあったようですが今回の事件の場合はそこまでの追求は行わなかったようです。 記事によれば、この数字は事件の現場となった山口真帆の部屋番号を示しているそうで、<同じマンション内で2人の私的交流があったことをうかがわせる>とあった。 私の感覚では、本人不在のところで、このような合意を形成し、それを外部に吹聴することに違和感を持つ人は、少なくないのではないかと思います。 当事者がこういう証拠を調べてくれと言わない限り、裁判所が独自に真実を探求するということはありません。 だが今回、詳しくは言えないが別の主張をしている。 「共犯として疑われているメンバーと本当に一緒に食事などの私的交流をしていたのなら、証拠となるLINEなどのやりとりも残しているでしょうし、写真なども持っている可能性がある。 現行法の規定、すなわち159条・179条・・・などの規定は、民事訴訟の一般原則としての弁論主義を前提としたものである。 」 「X氏は陳述書で『適当なうそ』とし、理由について『(山口がX氏と)つながっていることをAKSのスタッフの前で話してしまえば、山口真帆がNGT48のルールを破ったとして不利益な処分を受けてしまうから』と説明。 しかし、第1のルールがありますので、主要事実だろうが間接事実だろうが、原告も被告も事実がBであることを前提とした主張・立証活動を行えば、裁判所が真実を事実Aであると認識する契機はありません。 そして、証拠上、事実Aが真実であるという話になると、裁判所は事実Aを基礎として判決を書きます。 携帯の電話番号を教えた>とのことだ。 その延長線で話していて、山口さんと話したいみたいな僕たちの間でなって、話したいなってなったんで> <その出入りできるんで、外で話すより中で声をかけた方がいいなと僕が勝手に考えてちょっと声かけたんですけど> この発言からは、被告はマンション内で他のメンバーと交流していたものの、山口との接点はなかったものと考えるのが妥当ではないだろうか。 和解成立について、暴行の被害者である山口側に対し、意見を求めるなどの連絡を取ることは「私の立場からは今のところ考えておりません」と遠藤弁護士。 」といった質問をすることはないと思われます。 」 という文章を書きました。 山口への暴行に関して、裁判所からの事実認定を得られず、不起訴の理由も明らかにならなかった。 世間の目から山口氏を呼ぶにしても、質問をコントロールすればよいだけだからです。 山口氏に聞いて事実と相違することが分かれば、 「所掲の事実は否認する。 不起訴も、弁護士から『不起訴だそうです』と(聞いた)。 加えて、 「本件事件の被疑者である甲に至っては、当該マンションに複数のメンバーが居住していることを突き止めた上で、以前から当該マンションを賃借していた」(20頁) とも書かれています。 両者とも「検討する」として持ち帰ったという。 当事者同士で話はついてるし、お互いに納得した。 他の裁判に関しては、弁護士のコメントがどこからともなく出てきますが、この裁判について論評を加えている弁護士はあまり見当たらないため、専門家的な見方を書いてみることにしました。 しかし、山口氏との関係が悪くて、相手の主張する事実の真偽を確認することができないと、 「所掲の事実は知らない。 『被告が非公開を要求してきたら?』と聞かれると『「公開で」ということでお願いし続けていくしかない』と力を込めた。 記事には、 「5月にNGT48を卒業した山口真帆(24)。 金銭が第一義的に位置付けられていなかったことや、金銭請求に特有の問題(請求額と和解金額の対比だけでは、一概に勝敗を評価できないこと)から、和解金額が数百万レベルに留まっているからといって直ちにAKS側の敗訴だと評価するのは早計だと思います。 」 という発想で裁判をやるからです。 」という理由だけで契約を締結しないことが認められています。 AKSは山口に損害賠償をを請求すべきです。 山口への暴行事件に関わったとして警察から事情を聞かれたメンバーもいたことなどから、「メンバーには 精神的ショック大きかったし、再出発できないかもというのがあったので…。 事件の不可解な点3つ これまで見てきたように、暴行事件後のNGT48運営の対応には不可解な点が多く、さらに犯人側との裁判が進むにつれても謎は深まっている。 写真は裁判に提供された資料が横流しされたものではないかとしたうえで、<ファンの方はご存知の通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。 ここには、 「契約を締結するかしないかの自由、および 契約の相手方を選択する自由」 が含まれると理解されています(我妻榮ほか『我妻・有泉コンメンタール 民法 総則・物権・債権」〔日本評論社、第6版、令元〕1055頁)。 3.和解条項の内容とその公表について 個人的には、AKS側は後付けで「他のメンバーの関与はない」という事実に獲得目標をずらしたような印象を受けます。 訴訟は認否反論をぶつけ合って進めて行きます。 そういう状況の中で「真実」らしきものが議論されて、それが面白おかしく報道されることが問題なのに、証人として出廷しろと煽るのは酷なのではないかと思われます。 このような事実が存在するのかどうかは、山口氏に対して直接確認しなければ分かりません。 (産経新聞). 証人尋問をして判決に至るという可能性もありますが、裁判外で和解の交渉もさせていただいております」 と明かした。 スポンサーリンク 山口真帆の事件の裁判結果に対する世間の声は? 今回の結果について、世間の声はどうなのでしょうか。 」 と書かれています。 運営会社のAKSは第三者委員会による調査を行ったものの、結局、この事件にはいまだに多くの謎が残っている。 (被告側からの)返事はあります」と交渉が進展していることを明言した。 この点を踏まえて「演技した?」と聞かれたX氏だが、「ノーコメントですね」とした。 言っていることが変わっても、それ自体は問題のあることではありません。 フリーランスの働き方は現在の私の研究テーマですが、芸能人はフリーランスの中でも特殊性の高い職業属性だと思います。 だがこの日、取材に応じたAKS側の遠藤和宏弁護士によると、被告側は「顔をつかんでいない」と反論したという。 yahoo. 被告側は電話会議に加わる形で出席した。 不起訴の理由を警察に聞くタイミングもなかった」と説明した。 非公開になる条件としては、「裁判官の全員一致で、公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがあると決した場合(憲法82条)」だということです。 すなわち被告らは他のメンバーと事件に関して意思の疎通はしておらず、山口さんの部屋番号を聞いたこともない」 「本件、事件に関して、山口さんの帰宅時間を推測できるようなことを言ったメンバーがいましたが、このメンバーは被告らが山口さんの自宅に赴くことを告げずに、(被告らの)知人を関して(メンバーが乗る)バスに乗っているかを聞いただけで、そのメンバーは本件に関する事情は知らなかった」 との事実に関しても、新たに獲得されたようなものではないと思います。 事前にプレゼントをやりしたする関係があろうがなかろうが、暴行事件が発生し、それが世に出て警備費用等が増加したという一連の経過の立証は可能であろうという判断ができる場合、別に山口氏を呼ぶリスクを冒す必要はないという発想になることは、それほど不自然ではありません。 加えて、男性2人と山口とのやりとりについて認めた「一定程度の事実」に関して言及した。 普通、裁判は勝つためにやります。 それによると、被告の1人は2017年2月または3月に行われた握手会で山口真帆に<運営を介さずにプレゼントを贈ったりしたいので、私的に会ってほしい>と頼んだという。 もちろん、普通の裁判では、原告も被告も自分に有利な認識を真実だと信じて事実主張をするので、真実とは異なる事実がそのまま判決の基礎となることはありません。 AKSと被告の訴訟で、被告に他のメンバーが関わってないということを言わせて、活動再開することが一番の目的だった、ということか。。。。 当事者が証拠の申出をしない限り、証人尋問が採用されることはないというのは、弁論主義の第3の原則に係るものです。 和解したということは、AKSはもちろんですが山口真帆さんもこの結果で納得したということでしょうか… 和解となったとはいえ、社会的な影響も大きかった事件ですし、一人の女性をとても傷つけ、NGTの評価も落としてしまうような行為を行っているので、今後もしっかりと加害者には反省の念を持っていってほしいですね。 両者の言い分は真っ向から対立した形だ。 関係者からの反対尋問に晒される前の供述で、真実性が何らかの形で担保されているようなものでもありません。 第三者委員会は、 「顔面をつかむ暴行を行った事実が認められる」 と認定しているので、この点が明記されていないのは、ドアを引っ張り合う程度のことしかしていないという被告側の言い分が通ったのだと思います(山口氏が反論しないので当然ですが)。 提出された謝罪文はA4用紙1枚に印刷されたもので、署名や捺印等はなかった。 一般傍聴席は47席で、傍聴券の抽選には150人が並び、倍率は約3・2倍。 裁判において本質的とも思われない類の事実に焦点を当て、証拠力の不分明な証拠を重要証拠のように取り上げ、「隠し玉」云々の言葉を使って人の興味関心を引き、制度上の障壁があるのに潔白の自信があるなら証人として出廷するように求める、これが個人の名誉を重んじ、プライバシーに配慮した報道であるのかは、検討の余地があるように思われます。 AKSが主導で取り下げたって噂も立ってるけど、取り下げた運営が犯人に損害賠償請求するなんて、ちょっと考えられないし、そんな事をすれば普通このバカスロッターが運営に牙を剥かない訳がない。 この裁判に際して、9月24日に「産経新聞」および「文春オンライン」は、被告側が提出した裁判資料の一部を公開。 男たちは暴行容疑で逮捕されているが、不起訴となっている。 「男性2人が所属するアイドルハンター集団の中には一部メディアから金銭をもらっていると話していた者もおり、ストーカー的な活動を『仕事だ!』と正当化していた。 『今後の裁判に向け、被告側がさらに提出する新証拠と噂されるのが、一説には、K氏が今までに山口にプレゼントしてきた高級服やアクセサリーなどの購入明細書だといわれています。 第3は、いわゆる職権証拠調べの禁止であり、事実認定の基礎となる証拠は、当事者が申し出たものに限定される。 確たる客観的な証拠は出てきてないが、証人尋問をやったからといって出てくるかはわからないし、なるべく争いごとは長く続けるべきではないという考え方もある」と理由を語った。 何が真実か分からない」と顔を曇らせた。 」 などの認否、反論をすることができます。 しかし、代理人を含めて被告側は誰も出廷せず、注目の裁判はわずか3分で終わった。 300万は固い、だけれども、3000万の請求は難しい、それでも、上手く嵌れば3000万の請求が認められるかも知れないから訴訟提起段階では3000万請求するということはよくあります(あまりに荒唐無稽な主張をすることはどうかとは思いますが、画期的な裁判例はそういう挑戦の繰り返しで作られて行きますので、従前の実務から外れた主張をすることは、それ自体が不適切であるわけではありません)。 金銭的な請求に関する勝ち負けは、請求額と認容額との対比だけで第三者が判定できるものではありません。 山口への暴行事件に関わったとして警察から事情を聞かれたメンバーもいたことなどから、「メンバーには精神的ショック大きかったし、再出発できないかもというのがあったので…。 すなわち被告らは他のメンバーと事件に関して意思の疎通はしておらず、山口さんの部屋番号を聞いたこともない』 (4)『本件、事件に関して、山口さんの帰宅時間を推測できるようなことを言ったメンバーがいましたが、このメンバーは被告らが山口さんの自宅に赴くことを告げずに、(被告らの)知人を関して(メンバーが乗る)バスに乗っているかを聞いただけで、そのメンバーは本件に関する事情は知らなかった』」 「3点目は『被告らが原告およびNGT48を含むAKB48グループの名誉やイメージを棄損することを行わないこと。 そうした誤解を前提に、山口氏の関与しないところで議論された事実を、あたかも客観的真実であるかのように面白おかしく報道するのはどうかと思っています。 訴訟提起はするにしても、AKSの言う「真相の究明」は裁判所からの非公開審理の提案を断ってまでやるようなことなのだろうか、個人的には疑問に思います。 この和解内容について、 「【NGT48裁判】 AKS側弁護士『私は勝訴的和解と思っている』とコメント」 という記事も掲載されています。 3)被告が主張する「山口真帆とつながっていた」の矛盾 民事裁判において被告側は、「事件前から山口真帆と私的領域で交流していた」と主張し、顔をつかむなどの暴行を否定している。 1)メンバーが共犯であると嘘をついてNGT48の信用を失墜させたこと 2)メンバーのスキャンダル(ファンとの交際)を暴いて、NGT48に打撃を与えたこと。 したがって、実務家的な発想で言うと、主要事実だろうが間接事実だろうが、当事者が言えば真実と違った事実を前提に判決を作り出すことは可能なのです。 もし第三者委員会の調査報告書が間違いであるのなら、メンバーやグループのためにも、運営側はあらためて正確な見解を発表した方がよいのではないか。 それが開示されれば、K氏が山口にプレゼントを送っていたか否かの、本当の真実が明らかとなる。 sskdlawyer. しかし、一般の人は裁判所が認定する事実を、あたかも絶対的・客観的真実であるかのように誤解している節があります。 今回の訴訟でAKS側は当初、「公開法廷の中で、事実を白日の下にさらす」と宣言していたが、結果としてほぼ公開されないままでの和解となる見込み。 運送会社では過去数年間の運送記録は開示請求が可能なんです。 供述の変遷理由についての合理的説明がないからです。 山口がK氏に住所を教えていたのではないか? といった深い闇が、ついに明らかになるかもしれませんよ』(前同)」 「こうなると被害者として真実を明らかにするためにも、山口の証人としての出廷の可能性もありそうだ。 他のメンバーの関与に関しては、第三者報告書の時点で、既に、 「メンバーが被疑者らとの間で何等かの共謀をして関与した事実は認められなかった。 裁判が不利に進んだ場合は、そうしたものを暴露するでしょう。 このまま続けても請求棄却になるだけなので和解を勧めたというところ。 裁判官も、判決を書く手間が省け、判決が上訴され上級審で判決が審査されるのを心配し、民事紛争では和解が最良の解決との考えの下に、和解を勧めます。 「和解の交渉をさせていただくと同時に、一応、原告と被告双方から証人申請をさせていただいた。 証人尋問をして判決に至るという可能性もありますが、裁判外で和解の交渉もさせていただいております」と明かした。 1.和解による訴訟終了 ネット上に、 【NGT48裁判】AKSと男性ファン「損害賠償数百万円」「謝罪文」「出禁」で和解成立 という記事が掲載されていました。 本件に即して言うと、なぜ被告らが嘘をついてたのかの理由が和解条項案の中で誰もが分かるような形で詰められていないため、被告らの「他のメンバーの関与はない」という趣旨の供述の信用性が第三者には判断し辛くなっています。 AKS側が和解のポイントとして挙げる、 「被告らが山口への承諾を得ずに訪問し、少なくともドアを引っ張り合うような形で暴行をしたこと」 に関して言うと、暴行の内容が当初内容(第三者報告書の内容)よりも大分後退しています。 関係性を山口がメンバーに疑われたことで疎遠になり、修復のために話し合おうと接触した際に事件になったとしている。 5.NGT裁判で作り出される「真実」、AKSの使う「真相究明」の意味 報道には、 「当時会社に所属していたメンバーが暴行を受けたにもかかわらず、結局不起訴になっている。 」 とだけ述べていた方が、まだ湿っぽくなかったのではないかと思います。 一方のNGT側は前述したように、暴行容疑で逮捕(不起訴処分)された男2人に対して、3000万円の損害賠償を求めた裁判を起こしているが、この行方がどうにも読めない。 AKS側の代理人弁護士は、物証について「説得力が足りないと思っている」との見解を示した。 そうした観点が報道からあまり感じられないことは、少し残念に思います。 」という回答が出ると困るため、「プレゼントをあげましたよね。 」 との認識が示されていました。 確たる客観的な証拠は出てきてないが、証人尋問をやったからといって出てくるかはわからないし、なるべく争いごとは長く続けるべきではないという考え方もある」と理由を語った。 NGT内部で何が起こっているのか? 山口真帆をいじめていたメンバーは本当に存在するのか? NGT側からの説明はなく、噂が噂を呼び、NGT48のアイドル活動はあっという間に停滞する。 『山口は自ら潔白の自信があるのであれば、証人出廷し、100%疑惑を晴らせばいいんですよ。 本当に全てが正しく制裁されたのか、不透明なまま終わってしまった感があります。 証人尋問は質問と答えの繰り返しで行われます。 ただ、被告らの供述の変遷理由の合理性について詰めないで(「適当なうそ」という理屈で第三者が納得するのかという考察がない中で)、このような和解条項を作成し、その内容をマスコミに説明することが適切だったのかは、検討の余地があるように思います。 被害者の山口真帆本人による告発があったのは今年1月。 情報や権利、秩序を保護する必要がある場合、裁判が公開されることで、それらがかえって侵害されてしまうような本末転倒のケースでは非公開が認められる。 山口は最後のステージでもグループの異常性を訴え続けていた。 しかし、勝つことを気にしないでいいのであれば選択肢は色々出てきます。 こうしてみると、本件の和解は、AKS側に何かを獲得させる類の合意ではないように理解されます。 運営側が、男性を訴えたんですね。 加えて「真実発見の見地からは、(山口以外の)他のメンバーが本件には関与していないという、身の潔白が証明できた」と説明。 また、AKS側はこれまで山口さんの証人申請を検討していたが、「本人の立場やプライバシーの問題、負担」(同弁護人)などを考慮し断念したことも明らかにした。 まとめ 山口真帆さんの事件に関して、加害者とAKSの裁判は若いという形で膜を閉じました。 被告はこの動画内で、「山口真帆に反論したらいいのでは?」という視聴者の質問に「山口さんに反論する気はない。 また、「不起訴となったのは何らかの条件で示談したからか」との質問には「示談ではないですよ」と否定。 山口真帆の事件についての裁判の結果は? 山口真帆さんへの暴行事件に関しては、結果として双方の間で和解が成立したようです。 また、メンバーの誰かが犯行を指示したのではないかというファンの疑惑を呼び、騒動は一気に拡大。 また、下記の報道にあるとおり、本件訴訟において、被告らは元々他のメンバーの関与を否定していました。 そういった思いを会社も受けて、原因を究明して再発防止につなげたい」と説明。 これは法廷に顕出される情報をコントロールしたいからです。 AKS側代理人弁護士によると、男性2人はAKSに謝罪文を提出。 男側は「山口真帆とは以前から親しい関係にあった」と主張しているが、なぜそのような展開になっているのか。 」という形で取調べをしてもらえないことがあります。 顔見知りであるかどうかは暴行(加害行為)の存否に影響を与える事実ではありませんし、暴行事件が大事に発展したのも犯人と被害者との間に面識があったかどうかとは関係がないと思われるからです。 真相はまだ分からないけど、コイツら犯人がゲロ吐くのが一番な事は確かだと思う。 報道を誤ったときはすみやかに訂正し、正当な理由もなく相手の名誉を傷つけたと判断したときは、反論の機会を提供するなど、適切な措置を講じる。 しかし、ここでも山口氏との関係性は問題になります。 そうした事情も含めて真相を究明していきたい」 「裁判所からは今後の裁判を非公開で進めていくことを提案されたが、遠藤弁護士は『最終的には裁判所が裁量で判断することになりますが、我々としては白日の下にさらされる形で、公開の法廷でやりとりをする形で進めたい』と主張。 同弁護人によると、同日に開かれた弁論準備手続ではこのほか、AKS側が男性ファン2人を証人申請する意向を地裁に伝えた。 イベントに来る問題のある人物を追い返すのは、元々自由にできることでしかありません。 これについて遠藤弁護士は「今までの準備書面のやりとりで、被告の主張は出尽くしている。 」 と事実関係を否認したとしても、それが裁判での資料になることはありません。 しかし、その「真相」の部分に成果として目される部分がない、だから敗訴的和解だと評価しています。 山口とはいっさい関わらない」と返答している。 <私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました><なんで嘘ばかりつくんでしょうか。 男性2人の連名による謝罪文が提出されたこと• NGT48の運営会社AKSが 山口さんを襲撃した男性らを相手に損害賠償を求める民事訴訟を提起したとのことです この訴訟提起は 山口さんファンからのクレーム対応やNGT48のイメージ回復も目的 なのかもしれませんが 本当にそのような結果に至るかどうかは、疑問です それは、民事訴訟の提起には以下の4つの問題点があるからです 1 そもそもAKSの賠償が認められるかという問題 2 事件に関与したNGTメンバーが裁判に参加せざるを得なくなる可能性があるという問題 3 公開の法廷でNGTメンバーが証人尋問を受けなければならなくなる可能性があるという問題 4 裁判をどうやって終わらせるのかという問題 民事訴訟法にも関連する専門的な話になってしまいますので、その部分は簡単にして 以下、ご説明させていただきます。 出入り禁止も、改めて条項化しなくても実現可能なことです。 、 >本件事件に関して帰宅時間を推測できるような発言をしたメンバーに対し、自宅に行くということを告げずにバスに乗っているか聞いただけで、当該メンバーは事件について何も知らなかった これも伝聞だけでなんの根拠もない。

Next|Next|Next