大阪 市 行政 オンライン システム。 【特集】最先端ICT都市の実現へ 大阪市が取り組む行政手続きのオンライン化

行政手続きオンライン化、コロナ禍で加速 大阪市8月から

😈 国民に10万円を配る特別定額給付金のオンライン申請を巡って大阪市などではシステム整備が追い付かず、給付の遅れが発生して混乱したことも、オンライン化の遅れを印象づけた。

17

大阪市、すべての行政手続きオンライン化方針 令和7年度までに

💕 「電子申請サービスの機能拡充」と「業務改革の推進」が、取り組みの2本柱となっています。

18

大阪市が全ての行政手続きオンライン化へ 令和7年度までに進める

🖖 「システム間連携を進めることで審査書類が削減でき、業務負荷をさら軽減できるが、最大のメリットは申請から処理までの時間が短縮され、住民への交付や対応が早くなるという点にある」とする。 それは、「行政手続きの棚卸」、「機能の現状調査」、「推進体制の構築」の3点である。 これについて、本市では今年8月に『大阪市行政手続きオンライン化推進計画(別冊)』を策定し、取り組み方針と今後の方向性を示しました(図4)。

行政手続きのオンライン化 普及のカギは「スマホで完結」

☏ その結果、相談ごとがあって来庁される住民への窓口対応の時間がこれまで以上に確保できるようになり、住民にも職員にも大変好評です。 あります。 大阪市にある24の各区が、ひとつの制度に対して、区ごとに異なるサービスや手続き方法が用意されている場合、オンライン化において大きなハードルになる可能性があった。

10

オンライン上で行政手続きを完結する「TASKクラウド スマート申請システム」を提供開始

☝ 先頃実施した「感染拡大防止に向けた営業時間短縮協力金」の支給についても〈原則オンライン申請〉とし、新たにサービスを開始した大阪市行政オンラインシステムで事業者からの申請を受け付けました。

2

【大河原克行のクローズアップ!エンタープライズ】住民の利便性向上と職員の事務処理効率化を両立――、大阪市が取り組む行政オンラインシステムとは

☢ 新たな技術も次々と生まれている。 TKCでは、今後も大阪市の協力を得ながら基幹系システムとの連携などへ取り組み、来春をめどにスマート申請システムをパッケージシステムとして完成させるとともに、さらなる機能強化・拡充に取り組みます。

6

【特集】最先端ICT都市の実現へ 大阪市が取り組む行政手続きのオンライン化

😊 国内における行政サービスのオンライン化は、長年に渡る課題である。 昨年8月からの実証実験で、本人からの住民票交付申請について、オンラインによる受付を開始しています。

20

大阪市行政オンラインシステム

♥ そして課題の3つめは、オンライン化を推進する全庁的な取り組みがないという点だった。 大阪市ICT戦略室企画担当の江畑嘉紀氏は、「まずは申請件数が多いもの、子育て世代や共働き世帯など日中の手続きが難しい住民へのサービス、そして、障がい者など区役所に訪れることが難しい住民の申請など、オンライン手続きの効果が見込めるものから優先的に取り組みを開始した。

オンライン上で行政手続きを完結する「TASKクラウド スマート申請システム」を提供開始

😝 また、2017年度には全ての申請手続き(約3,000件)を対象にオンライン化に向けた課題の洗い出しなどを行い、2018年5月に「大阪市行政手続きオンライン化推進計画」を取りまとめました。 大阪市では、ICT戦略室に加えて、市政改革室(当時)を巻き込む形で、業務の見直しを開始。 7年度までに、法的にオンライン化が不可能なものを除き、計約1500の行政手続きすべてのオンライン化を実施する計画を立てている。

19