Ogk jis

ヘルメット購入した数日後に、JIS認証取り消し騒ぎ。

ogk jis

統一表記としては、会社名が「オージーケーカブト」で、製品ブランドが「Kabuto」。 より画像と文章を引用 製品の組み立て場所に関する記録を適切に管理していなかったためにJIS認証を取り消されたわけですね。 OGKカブトのヘルメットは良いよねと言えるようにしてほしいと願います。 衣摺工場で新規生産やめた• アライのも高いし、フイット感がいまいち。 ヘルメットはJIS認証の品質があり、安全だから使って問題ないです• もちろん、まじめに法令通りにやっている事業所、メーカーもあるわけですから、オージーケーカブトは 怒られて当然のことをしたわけです。 すでにMFJ公認となっているヘルメットに対して、今後も公認の変更はなく、競技に使用が可能、ってことです。 産業製品生産はもちろん、文字コードやプログラムコードといった情報処理、サービスに関する規格もあるそうな。 このため、 品質管理体制が、鉱工業品及びその加工技術に係る日本産業規格への適合性の認証に関する省令に定める基準を満足しておらず、その内容が重大であると認められたため、2019年11月25日付で、車両検は同社の認証を取消しました。 強制保険の 自賠責保険と同じようなもの。 本件については一部工程管理の問題によるものであり、現在流通中の製品において、日本車両検査協会が実施した試験では、製品の安全性や品質については、JIS規格を満たしており、問題がないことをお知らせ申し上げます。 )から以下の報告がありました。 原文の英文をGoogle先生が翻訳してくださった美しい日本語を頑張って読んでみた結果、• 「俺は安全にクルマ運転できるけど書類申請ウゼーから無免許でいいんだ!」とは絶対ならないですよね! バイク界は初心者の方が多いです。 ただこれは非常にわかりにくい例えだと思う。 なお衣摺工場で生産していたJIS表示製品につきましては、今後、青島工場にて生産を行うべく準備を進めております。 なので、今回のJIS認証取消処分後も、既に購入したヘルメットは何ら問題なく使用できます。 品質管理体制に重大な問題があると判断• しかしこれを無視しているとSGマークの特徴ともいえる 損害賠償の際に揉める可能性があるので注意。 今回の件は恐らく、この更新審査時に「取り決めをしていた製造工場での生産比率を遵守していないこと」を指摘されたものと思われます。 半ヘルメットのバカなんて問題外です。 誠に恐れ入りますが、今後につきましては、状況確認ができ次第改めてご案内申し上げます。 ヘルメットの規格のなかでも有名な規格ではないだろうか。 今OGKのヘルメット持ってるけど法的に問題ないの? 結論:問題ありません。 ・MFJ(エムエフジェー) 財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会 Motorcycle Federation of Japan、日本のモーターサイクルスポーツを統括している組織であり、ここの公認を受けていないヘルメットではMFJ公認競技には 出場することが出来ない。 これによって令和元年10月25日の日本車両検査協会による臨時監査後の審査を経て、同年11月26日、衣摺工場のJIS認証取り消しの正式文書を受領しました。 私も愛用しているヘルメット OGK KABUTOのJIS認証が取り消しされました みんな心配して、Twitter界隈は昨夜から大騒ぎ フォローしている人たちがKABUTO利用者多いからだと思う Twitterは若者が多いのです KABUTOは、AraiやSHOEIに比べると、価格もお手頃でデザインもなかなか良い ヘルメットに5万円も出すのは厳しい人には救世主 今回JISの認証取り消しになったのを簡単に書くと 「抜き打ちで検査したけど、組み立て場所で長期間記入してなかった項目があったよ。 さいごに 今回の件は、JIS認証取り消しという点がフォーカスされて、「JIS規格に適合していないヘルメットを偽装していたのか!」と大騒ぎになりました。 もしくは自転車のメットの事?? 何があったの?? Andyのように「安全性に何か問題があるのでは?」と不安になります。 OGKは中国青島(チンタオ)工場での生産が主力だが、一部モデルを大阪工場でも製造。 そんな中、大学時代にバイクの免許を取得して、初めて購入したのがOGKのヘルメットでした。 だからこそ、定量的な数値と条件で安全性を比較する事が重要なのです。 エアロ・K1• 自転車用品においてはOGKは非情に高いシェア率を獲得していて、 街中で子供を後ろに乗せて走っている親御さんの自転車にOGKのロゴが見えることがよくあると思います。 BK-C2• 意外にも二輪業界が盛り上がっているインド。 JIS取り消しとなった衣摺工場の生産を中国青島工場に切り替えます• 問題はMFJ金認証。 最初の発表は、この一文が載っていなかったんですね。 2019年11月26日 株式会社オーケーカブトのJIS認証の取り消しについて MFJロードレースレース参加者の皆様 2019年11月26日 11月25日付けでより、株式会社オーケーカブトに対するJIS認証の取り消しが発表されました。 長期間にわたり製品の組み立て場所に係る記録が適切に記載されていなかったことを確認しました。 JIS規格を再度取得するには? JIS認証取消を受け、再度取得したような企業がないか調べてみました。 社内では把握できていたはずです。 年末年始の時間を使ってどう立て直してくるか、期待して待ちたいです。 ヨーロッパをはじめとした世界50ヶ国以上で採用されているもはやワールドスタンダードな規格。 より OGKカブトHPを見てみると、お詫びのページがありました。 アメリカのメーカー(・スコーピオン等)ならほとんどこのマークが付いている。 なお、車両検が実施した試験では、製品の安全性や品質については、JIS規格を満たしており、問題がないことが確認されています。 実際のところは OGK カブト東大阪工場のバイク用ヘルメットの製造認証が取り消しで 、製品自体はJIS規格に適合しているので、使用に関しては何ら問題はありませんという点は誤解なきようお願いしたいです。 こういう状況ですし問合せは殺到しているはずですから質問の回答は用意がきっとあるでしょう。 同社が出した2019年11月28日付けのプレスリリース「」によると、 【弊社東大阪衣摺工場 JIS認証取消理由の経緯と詳細】 これまで弊社JIS表示製品については、ともにJIS認証工場である東大阪衣摺工場と中国青島工場(山東省青島市)との2つの自社工場にて生産しており、東大阪衣摺工場での生産分については、中国青島工場で製造した一部の部品を東大阪衣摺工場へ転送したうえで組み立てを行い、最終完成品として出荷しておりました。 あるいは価格下落も期待できますね。 スネル規格の特徴として 「 最大可能な防護こそ、望ましい最終的なゴールである」という理念のもとに、対貫通性つまり ヘルメットそのものの丈夫さに重きを置いたとても厳しい設定がされている。 「JIS=ある一定の品質を保証する」と勝手に思っていました。 同様に、よく耳にするISO は(ISO:International Organization for が決めた規格で、 国際的な標準です。 ヘルメットはそのまま使っても大丈夫なの? OGK社の工場はJIS認証を取り消されてしまったため、今後東大阪衣摺工場で生産するヘルメットにJISマークを貼付することはできません。 JIS(ジス)という言葉は聞きなじみのある方も多いはず。 エアロ・SN 受注生産品• JIS規格とは、(JIS:Japanese Industrial Standards が決めた規格のことで、は、に基づき、の答申を受けて、主務大臣が制定する工業標準で、 日本の国家標準の一つです。 とあり、MFJ自体はOGKのコメントを信頼してMFJ認証を継続するようです。 エアロブレード5やエクシードなど 今回の不祥事をバネにより良い製品をカブトさんには作ってもらいたいと思います。 既存の製品はJIS規格を満たしており、安全性・品質に問題がないのだから。 ま~値段的に選択肢がカブトのカザミしかなかったというのが一番の理由でもありますが、実店舗で購入すればフィッティングをしてもらえるので、一度店員さんに声をかけて、チークパッドをLサイズからXLサイズに変更(パットの大きさは薄くなります)したら、超フィット。 その一部部品であるFRP帽体の成形工程において、「東大阪衣摺工場で20%、中国青島工場で80%の比率で生産を行う」という取り決めに基づいてJIS認証を取得しておりましたが、その後長期にわたり、実際には東大阪衣摺工場でのFRP帽体成形の生産比率が20%を満たしていないことを正しく報告できておりませんでした。 またOGKのバイクのヘルメットは高品質でありながら比較的安い価格で購入できることから、 同じくバイク用ヘルメットの大手メーカーである「arai」や「SHOEI」に続く人気を維持していました。 認証年月日、認証番号及び取消しの対象となるJIS番号 ・認証年月日:2014年11月7日 ・認証番号:VI0514001 ・JIS番号:JIS T 8133(乗車用ヘルメット) JIS T 8133(乗車用ヘルメット)というのは、乗車用ヘルメット2種 乗車用ヘルメット2種類というのは下記の通り JIS T8133(2007年改定版)における・1種(125cc以下限定) 125cc以下の二輪車限定で使用されることを想定して最低限の安全性確保を目的とした規格。 MFJはコメントとして 製品の安全性や品質に関しては車両検査協会の試験でJIS規格を満たしており問題ないとあり、過去MFJ公認となっている製品 ヘルメット については、今後もMFJ公認ヘルメットとして競技に使用が可能であることをお知らせ致します。 以下の文章はからの引用です。 なので使用する分には問題はないようですね。 肝心のヘルメットの着用に関しては、 組立工程や検査工程に関しては、東大阪衣摺工場ですべて正しく行っており、製品自体の安全性や品質には問題がないことが日本車両検査協会の監査において確認されております。 この度の件につきましては、お客様、取引先様をはじめ、関係者各位に多大なご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。 SN-6• でも頑張ってもらいたいなぁ。 というかほぼないでしょう。 レジモス タイムトライアル仕様あり• ・事実・・・何が行われたのか ・原因・・・なぜそうなったのか? ・対策・・・どう改善するのか? まずはここを包み隠さず発表することがスタートだと思います。 このため、品質管理体制が、鉱工業品及びその加工技術に係る日本産業規格への適合性の認証に関する省令に定める基準を満足しておらず、その内容が重大であると認められたため、2019年11月25日付で、車両検は同社の認証を取消しました。 ちなみにですが、今回JIS規格が取り消されたのは「T8133」のJIS番号に登録されているもので、 「 自動二輪車 サイドカー付きを含む 、原動機付 自転車、 一般四輪自動車の運転者及びその同乗者のための乗車用ヘルメット」 が該当します。 WR-J ハードシェル [ ]• 車両検が実施した試験では、製品の安全性や品質については、JIS規格を満たしており、問題がないことが確認されています。 バイク歴20年、名古屋在住36歳で愛機はZRX1200RとCBR1000RR。 その比較情報を知った上で、あとは各々が自分の信念、基準に基づいて選べばいいのです。 辛いニュースではありますが、膿を出し切り、新製品のニュースを楽しみに待ちたいですね。 マキシティ• )から以下の報告がありました。 JISマークやSGマークすら無いヘルメットを選ぶ若者もいる Amazon、楽天、Yahooショッピングなどのインターネット通販では、無限に多種多様なヘルメットを販売しています。 詳しくは下の過去記事を参照していただきたいのですが、二輪車を運転するにはヘルメット着用が義務付けられていますが、JIS規格ヘルメットは要件ではありません。 「人の命を守ること」安全性はヘルメットの真価が問われるにとっての永遠のテーマです。 」という感じだろうか これは個人的にそう感じたというだけだけれど。 05の認定をうけていれば MotoGPをはじめSBK、鈴鹿8耐、フォーミュラ、FIM、AMA、WERA等、モトクロスやロードレースの世界の大会で使用できる。 ヘルメットがJIS規格を満たしていない場合、安全性が確保されないためサーキット走行が不可能です。 ホンダのインド法人 ホンダインディアプライベート・リミテッドや日本でも人気の ロイヤルエンフィールドをはじめ数社のインディアンメーカーがあるほど。 前述の通り一部を除くとしていますので、 該当のヘルメットは新規の販売ではJISマークが記載されていないけど同等品質ですよという扱いになります。 一文たがわずお伝えしますと、コピペになるんですが、これもオージーケーカブトのウェブサイトからの転載です。 体を傷つけるおそれがある構造でないこと。 今まではジェットタイプで、急にフルフェイスにするのは踏ん切りがつかなかったので、システムヘルメットをいくつかのメーカーで被ったのですが、 ショウエイのネオテック以外、どれも圧迫感があり!! そして、ネオテック(NEOTEC2 は超絶高い!! というわけで、しばらく購入を我慢していたのですが、やはり連れとツーリングに行ったときに、迎え風でそれなりに飛ばすと、 風切り音で怖い、車線変更で横を向くとバルブシールドが跳ね上がりそうになる!、インカムの音も乱れるとまあ、ツーリング中の煩わしさを解消するために勢いで購入しました。 たとえば今週末にどこかでレースが開催予定だったら、装備車検で混乱しますからね。 JIS認証を取り消されたのは日本の工場だけ またOGKカブトは、「日本の東大阪」と「中国の青島」の2ヶ所の工場でヘルメットを生産しています。 取り消し理由 長期間にわたり一部工程の管理が適切に行われていないなど、品質管理体制が鉱工業品及びその加工技術に係る日本産業規格への適合性に関する省令に定める基準を満足しておらず、その内容が重大であると認められたため省令第15条第2項第2号に基づき認証を取り消した。 「JIS認証取り消し」というんだから穏やかじゃない。 安全や健康の保持• 2りんかんでは販売休止はなかった 同じく大手バイク用品店の2りんかんでは、OGKカブトのJIS認証取り消しを受けてもヘルメットの販売休止はなく、現在も販売を継続しています。 ,LTD )はに本社を置く自転車用品ならびに自転車部品の開発製造販売を行っている企業である。 そもそもJISが取り消されたからといって、公道で使用できないというわけではありません。 これもまた 任意なのでJISを取得してないと販売してはいけない、 ということはない。 と頭をよぎりました。 JIS番号:JIS T 8133(乗車用ヘルメット)を調べるとバイク モーターサイクル 用のようです。 またマークの上にはISコードと呼ばれる番号とマーク下にはメーカーコードが記載されている。 スクード・J 子供用• 購入をご検討されていたお客様にはご不便をおかけしてしまい大変申し訳ございません。 いかに大丈夫だと言われても、ヘルメットを買い替えるとしてOGKカブトのヘルメットが候補に入るかと言われれば即答でNOと言う人が殆どだろう。 今回取り消しとなったのは「認証」、つまり生産体制への審査結果が不適合だったという話で製品としてはJIS規格に通っているので、なんら製品としての品質としては問題ありませんよということになります。 つまり 自転車系のヘルメットには、なんら影響がないことが分かります。 だから今回のJIS規格取消は「期待を裏切られた」という気持ちの人もいると思うんですよ。 この内容を期待した上で、 今後発売、生産されるモデルについては、JISの再認証はもちろんのこと、自信を持って生産・品質の管理状況を外部に出せるよう努めて作られるだろうと考えられます。 JIS認定取消しになるほどの不備ですから、よっぽどの事があったと推測できます。 FF-5Vはスネル規格、RT-33はECE22. (追記) 現在お使いいただいております全ての製品についても、それぞれの規格を満たしており、何ら問題なく安心してご使用いただけます。 「技術や実力はあるけれど免許や資格はないよ」という話と同じですね。 各国でヘルメットの安全基準が設定されています。 PSCマーク 日本国内で販売されている「乗車用ヘルメット」は必ずこの表示があり、が定める技術基準に適合していることを示す。 そこで気になるのが 既に市場に出回っているOGK製ヘルメットは大丈夫なの? ということではないでしょうか? 結論から言うと、そのまま使い続けて 全く問題ありません。 というか、社会人1年目の今でもOGKのヘルメットを被っていますしね。 KAZAMI オープンフェイス ジェット [ ]• ちなみに製の LS2というヘルメットはMFJ公認の中では最安値と言われる2万円を切る価格設定で少し話題となった。 それではまた別の話で。 これまで弊社JIS表示製品については、ともにJIS認証工場である東大阪衣摺工場と中国青島工場(山東省青島市)との2つの自社工場にて生産しており、東大阪衣摺工場での生産分については、 中国青島工場で製造した一部の部品を東大阪衣摺工場へ転送したうえで組み立てを行い、最終完成品として出荷しておりました。 さまざまな実験データを製品づくりにフィードバックし、日々の開発に取り組んでいます。 取り消しサーキット走行が不可となる場合もある大事件 そもそも、JIS規格とは何かを正しく認識しておく必要を感じ、調べました。 SN-8• 通報窓口の記述も気になります。 2.認証取消しとなる製造業者• JISと言っても様々 今回の件を受けていろんなサイトやYoutubeで解説していますが、ヘルメットとしてのJIS規格と、JIS認証がごっちゃになっている解説が多いですね。 弊社衣摺工場 JIS認証取消理由の経緯と詳細について 記事の内容を要約すると次の通りです。 OGK 21歳で2輪免許を取得して以来、バイクに夢中。 JIS T8133(2007年改定版)における・2種(排気量無制限) 排気量にかかわらずすべての二輪車での使用を想定した規格。 その結果、 こんな報告を見つけました 上のHPを見ていただければわかるのですが、 神鋼鋼線ステンレス(株) はJIS規格に関わる不適合事象が判明し、2016年6月10日にばね用ステンレス鋼線(JIS G 4314)のJIS認証が取り消されました。 ちなみに「JIS T8133」というのはオートバイ用ヘルメットのことで、自転車用は別規格。 以上 JIS認証の取り消し自体は非常に残念なことだけど、 かぶっているヘルメットが今すぐ買い換えなければならない事態は避けられました。 J-CULES2• 要点としては次のようなことが書かれています。 BR-1• ヘルメットの規格であるJIS規格が取り消された訳ではない 今回のOGK社の件は、同社のプレスリリースによると東大阪衣摺工場の JIS認定が取り消されたのであって、乗車用ヘルメットのJIS規格である「JIS T 8133(乗車用ヘルメット)」が取り消されたのではありません。 情報が揃った時、安全性能やメーカーの特色、デザインや機能性を総合的に自ら判断し、どのメーカーの何のモデルを買うか決めたら、それが最高なヘルメットです。 ヘルメット [ ] 現在、ヘルメットに関しては母体のオージーケー技研ではなくオージーケーカブトが独自展開しており、オートバイ業界で「OGK」といえばオージーケーカブトを指す。 この様に道交法においては、オートバイ用ヘルメットに対する一律の法的基準が定められており、この基準を満たしているものであれば、現行の規格などに関わらず、そのまま使用しても問題はない JIS規格は任意ですがヘルメットの販売については別の規格である「PSCマーク」がなければいけません。 しかし、実際には東大阪衣摺工場でのFRP帽体成形の生産比率が20%を満たしていないことを長期にわたり報告できていなかったので、臨時監査後、取消処分となった 要するに、 認証取得時に決められた品質を維持するプロセス管理の問題を指摘された末の認定取消です。 2019年11月25日に弊社衣摺工場のJIS認証が取消になったことにより、ホームページ上に掲載されている対象製品に対するJISマークの表示を中止しております。 基準てなに? なるべく安い方がいいな~。 要約すると でもそれを管理する工場のやり方が悪くて、国が決めた基準を満たしてないからJIS認証は取り消しますよ。 からが入団したフランスのプロコンチネンタルチーム、にヘルメットを提供している。 OGK側の発表でも製品には問題がなかったことを発表していますが、バイク用品店ではOGKヘルメットコーナーが閑散とした状態になっているのもバイクユーザーのTwitterの投稿で見かけました。 自転車用はJIS T 8134と言う別の規格が存在します。 低価格、デザイン重視のヘルメット選びをしていて、日本の安全規格のことなど知らない人もたくさんいます。 現在は2015年、次回更新2020年となる。 (製品の安全性や品質については、JIS規格を満たしており、問題がないことが確認されている。 DOTと似たテスト内容で 衝撃を 吸収する性能に重きを置いている。 なお、車両検が実施した試験では、製品の安全性や品質については、JIS規格を満たしており、問題がないことが確認されています。 【2019年11月25日発表資料差し替え】「1.報告の内容」について、同社の品質管理体制上の問題点と、認証機関の試験の結果製品の安全性や品質には問題がなかったことの2点を追記しました。 ツーリングの朝方は濃霧でしたが、pinlock装着でまったく曇らず、とはいえ水滴で見にくいのでシールドを跳ね上げて走れるのは感激。 安全基準は多種な種類がありますが、日本でよく取り扱われる安全基準を厳しさ順で並べると下記の通りです。 左が スネル規格をクリアしたヘルメットに貼られるマーク。 2007年に イギリスの運輸省によって開始されたプログラムであり、消費者にヘルメットの安全に関する正しい情報を発信していくことが目的。 第三者機関である「日本車両検査協会」が、ちゃんと安全性・品質のチェックをしてくれています。 2020年、新しいスネル規格が発表されました。 ヘルメットを販売する場合は「」の表示が義務となっています。 他の規格では あごの部分までの衝撃テストは行わないが ECEは あごの衝撃テスト、縁石にぶつかったことを想定したテストを義務付けている。 やに次ぐ第3のメーカーと言われ、フルフェイスからハーフタイプまで幅広いジャンルで商品展開している(SHOEIはハーフカップタイプのヘルメットは製造しているが、市場にはほとんど出回っていない。 2014年01月21日ストリートジェットの定番 BOBシリーズ"ワンピース"に新デザインを3種追加• それでも 使う製品に何ら問題なし ってことは言っておかないと。 一般的に「標準(=規格)」は任意のものですが、法規などに引用された場合は強制力を持ちます。 JIS規格っていうのはJapnese Industrial Standardsの略で、日本産業規格のこと。 特別特定製品は第三者機関による検査が必要だが、オートバイ用のヘルメットはそれが 必要ない特定製品。 さらに、こんな文章もありました。 品質管理体制が悪いから取り消し!」 と言うこと みんな大騒ぎしているけど、大事なポイントを1つ 「性能試験の安全性や品質に問題はない」 安全性と品質はJIS規格で認められたままとうことです 今すぐ買い替えとかを検討しなくても大丈夫 安全性は同じです そもそもJIS規格が無くても被っていて違法ではない 「125㏄以下」って表示のヘルメットを250㏄~リッターバイクで被っていても道交法上は問題ないし みんな何を心配しているのかな? 是正されればJISの承認をまたすぐに得られるのかな? そんな簡単な物じゃない!? Twitter 見ていると、AraiやSHOEIのヘルメット持っている奴が「俺は勝ち組」とか言っていて笑える そんなのに勝ち負け無いわ 事故をしない奴が勝ち組 ヘルメットなんて只の風よけです!と、私は言ってやりたいw ま、とにかく安全性は確保されているわけなので、私はそのまま被ります 頑張れKABUTO!. 12 WEBサイト更新 衣摺工場での新規生産が中止 2019. また、取り消し理由は「製品の組み立て場所に係る記録が適切に記載されていなかった」ことが原因。 とのこと。 jp Kabutoヘルメットが危ないもんじゃない、ってこと。 「安全性に問題があるんじゃないの?」と思うのも気持ちはわかります。 様々な情報を既に持っており、自ら判断できるエキスパートならいいんです。 不明点があったらどんどん問い合わせしましょう! TEL06-6747-8031です! 安全性や品質に対しての問題はない、ってことで、さっそくMFJも声明を発表しました。 M2020 Dは北米と日本で使用するための DOTおよび JIS要件を満たす可能性がある。 ヘルメットの種類の話は。 ユーザの信頼性回復のためにも、一刻も早く対応を期待したいところですね。 アライのヘルメットは固さはもちろん 衝撃をかわすことに特化している。 ヘルメットの安全性試験や品質についてはJIS規格をパスしていて問題ないよ。 ですが、OGKカブト公式からの品質について問題がない発表があった直後に販売を再開しています。 この期間が長いのか短いのかはわかりませんが、再取得が可能なのは間違いなさそうです。 訪問してくれたライダーのバイクライフを充実させるお手伝いができるようガンバリマス! これまで弊社JIS表示製品については、ともにJIS認証工場である東大阪衣摺工場と中国青島工場(山東省青島市)との2つの自社工場にて生産しており、東大阪衣摺工場での生産分については、中国青島工場で製造した一部の部品を東大阪衣摺工場へ転送したうえで組み立てを行い、最終完成品として出荷しておりました。 車検は通ったのに、車検シールがなかったら公道は走れませんから、その意味での「JIS認証取り消し」なんです。 中国輸入ビジネスの加速とともに、『安かろう悪かろう』の商品が大量に販売されるようになりました。 RTシリーズの売り文句は世界で 戦える、軽量ハイスペックモデルだったりします。 Japanese(日本の) Industrial(工業) Standards(規格) その名の通り日本の標準となる規格。 日本語にすれば、日本産業規格。 ふむふむ。 お客様は下記ので、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される 検索広告 360 を無効にできます。 つまりOGKのバイク用ヘルメットのJIS認証に対してであり、自転車用は影響ありません。 これまで弊社は「JIS認証工場」であった「東大阪衣摺工場」と「中国青島工場」2ヵ所の自社工場にて生産しておりました。 1月に新製品や新カラー・グラフィックモデルが発売されている実績がありますが、今回のJIS認証取り消しの対策が先に必要なため来月発売されるとは考えにくい状況です。 慌てて追記したような… 工程内で守るべき事項を実施してなかっただけ、と言えばそれまでなんですがそれが問題なんですよね。 普段はこういう記事は感情論になりやすいのでなるべく書かないようにしているのですが、OGKのことよりもっと論点になるようなことが普通になんの話題にもならないまま日本では放置されているので取り上げたいと思います。 実際、JIS認証取り消されたのは大阪工場のみで 中国工場は相変わらずJIS認証を登録され続けています。 オージーケーカブトのウェブサイトに記載されている中国・青島工場はJIS認証は取り消しされず、生産は大丈夫とのことなので、東大阪工場がJIS認証されるまで、当分の間は青島工場でJIS規格のヘルメットを作るようです。 ヘルメットと同じ特定製品には 登山用ロープ、圧力鍋、石油ふろがま、石油ストーブ、石油給湯器がある。 1956年にレース中横転事故をした際、被っていたヘルメットが割れその役割を果たさなかった為 死亡。 株式会社オージーケーカブトについて OGKは自転車用のチャイルドシートや子供用自転車のホイール、またバイクのヘルメットなどの製品を製造している企業です。 JIS規格って何? ヘルメットにおけるJIS規格とは、安全性を担保する最低限の要件を満たす基準のことです。 このため、品質管理体制が、鉱工業品及びその加工技術に係る日本産業規格への適合性の認証に関する省令に定める基準を満足しておらず、その内容が重大であると認められたため、2019年11月25日付で、車両検は同社の認証を取消しました。 すまんかった とにかく一貫して、OGKカブト社が伝えたいメッセージとしては ヘルメットという製品自体に問題はなくJIS認証も引き続き受けている(一部を除く)ということです。 勘違いされがちなのが、 SGの125cc以下用と表記されていてもあくまで任意の規格なので 法律は関係ない。 PF-5 XSサイズ設定あり• だけど現状はどこでも中国製のクソみたいなヘルメットが買えるし、買う側も無知なヤツはなんの疑いもなく使用していることが大いに問題ではないでしょうか? 私はべつに、OGKと利害関係があるわけでもないので思ったことを書いていますが、みなさんはどうでしょうか? 世の中には改善していった方が良いことがたくさんあるはずなのに、どうしても私達はメディアに取り上げられたことに注視しがちです。 モストロ タイムトライアル仕様あり• わかりやすく言うと、本文2段目にもあるように「臨時検査をしたら、組み立て場所に関連する記録が長期間きちんと記載されていなかった」ので、それが「品質管理体制がJIS規格適合の基準を満たしていなくて」、それを重大だと認定したため、日本車両検査機関がJIS認証を取り消した、というものでした。 OGKカブトはなぜ「JIS認証取消」に? 本題だが、それではなぜ「OGKカブト」は「JIS認証取消」になったのか。 chabby•

Next|Next|Next