どよめく 意味。 「どよめく」の 意味や例文を解説!漢字だと2文字使うって本当?

「どよめく」の意味・例文・類義語

✌ 水が流れる音を表現しているのです。 ですから、「響く」よりは「響めく」の方が良いと言われています。 そこで、 「響く」に振り仮名を付けるか 「響めく どよ・めく 」と表記する様になりました。

19

「どよめく」の意味は?使い方・類語を解説 | 言葉手帳

🍀 また、百という字には「もも」という読み方もありますが、この地名を「もももも」とは読みません。 一度にたくさんの人が笑うと、何が起こるでしょうか? 分かりましたか? 正解はこちらです。 「どうめき」です。

8

「どよめく」とは?意味や言い換え!例文と解釈

😄 「百」がつく地名で「何と読むんだろう?」ということがあったら、「どう」や「ど」と読んでみると、読めてしまうことがあるかもしれないですね。 そこで本記事では、漢字自体は簡単なのに、読み方が意外な地名のクイズを出題します! 「百々」は何と読むでしょうか? 「ひゃくひゃく」ではありません。

14

「どよめく」の意味は?使い方・類語を解説 | 言葉手帳

✍ 使い方・例文 音が鳴り響く• 突飛な発言に聴衆がどよめく• 更に、送り仮名のルールとして 「変化する語尾を残す」というものがあります。 動揺する、心が揺れ動く 鳴り響く 「どよめく」は、雷鳴や砲声など、大きな力が働いて、巨大な音が鳴り響く時に使います。 気持ちがどよめく 類語 音が鳴り響く 轟く・響き渡る 大勢でざわざわと騒ぐ 騒然・騒ぎ立てる・立ち騒ぐ 動揺する 動転・狼狽・・色めく・動じる・慌てる・狼狽える・取り乱す・あたふた・どぎまぎ・そわそわ・まごまご・まごつく・パニック・周章狼狽・・・・色めき立つ・ 挙措 きょそを失う・ 栃麺棒 とちめんぼうを食う. 心がどよめく• 「どよめく」の漢字 辞書により違う 「どよめく」の漢字は辞書により違います。

20

【地名クイズ】「ひゃくひゃく」ではありません!「百々」は何と読む?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

⚑ そのため、結果的に「 響動めく」という漢字2文字を使った表記が一番無難なのではないかと言われています。 音が鳴り響く• 雷がどよめく• 騒がしくなる 会場に集まった人や群衆など、多くの人達が思わず声を出して騒がしくなる時にも「どよめく」は使うことが出来ます。

「どよめく」の 意味や例文を解説!漢字だと2文字使うって本当?

📲 ここからも、川の流れる音が「どうどう」と聞こえてくるイメージが湧きますね。 甲府盆地西部を流れる一級河川、御勅使(みだい)川が形成する扇状地の扇央部に位置しています。 百々は、山梨県南アルプス市にあります。

8