Rb ライプツィヒ 対 トッテナム

“名将対決”第2ラウンド…ライプツィヒ対トッテナムについて、知っておきたい8つのこと

rb ライプツィヒ 対 トッテナム

アタランタはイタリアらしいカウンターが主ではあるが、スロベニアのイリチッチは190cmの巨漢であり足元にボールを収めることも上手いのが特徴である。 前線のソン、アリ、ルーカス、ベルフワインは流動的に入れ替わりいずれの選手もフィニッシュできるという状況です。 前半終了間際にDFダヨ・ウパメカノ(Dayot Upamecano)のあわやオウンゴールをGKペーテル・グラーチ(Peter Gulacsi)が好セーブでしのいだライプツィヒは、後半開始直後にフランスU-21代表のムキエレが3点目を決めて勝利を決定づけた。 そうやって最後まで主導権を渡さなかったライプツィヒが、ひとまず1stレグを制することになったのである。 呼び起されたDNA [4-4-2]でブロックを敷いて自陣に構えるスパーズに対して、センターFWのパトリック・シックのポストプレーを軸に、ヴェルナーを左か中央でフィニッシャーとして活かすべく連動性で崩しにかかることもあったが、やはりワンタッチ、ツータッチでの素早いパス回しが基本になっていた。 買収後 ライプツィヒは7シーズンかけ一歩一歩昇格していき16-17シーズンからブンデス1部で戦っています。 ヴェルナーが言及したように、トッテナムがマイボールにしても即座に切り替えて、飢えたハイエナの群れのように「守備に固執」して襲いかかってくる。 トッテナムはソン・フンミン、ハリー・ケインといった主力選手を欠く状況でなかなかチャンスが作れない。 攻守両面でライプツィヒに圧倒されるトッテナムは41分、ロ・チェルソがようやくチーム初の枠内シュートを放ったものの、GKグラーチがしっかりと反応。 2017-18年 とライプツィヒの親会社が同じなため、の出場が危ぶまれたが出場が可能となった。 マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンのようになりふり構わない補強で、ビッグネームをかき集めたわけではない。 イリチッチがまさかの4得点でバレンシアを完膚無きまでに叩きのめした。 ラマーリョ(ザルツブルク)• 激闘必至の一戦に、要注目だ。 チャンピオンズリーグ CL ラウンド16の1stレグ、トッテナムvsRBライプツィヒが19日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、アウェイのライプツィヒが1-0で先勝した。 アタランタ対バレンシアCF• まとめると、ゴールショーになりそう、なってほしい。 このU17フランス代表CBは、PSGとの契約[…]• 試合を決定づけたライプツィヒは余裕を持ってボールを回しながら時間を使い、トッテナムはオーリエに代えて17歳のファガン=ウォルコットがデビュー。 トッテナムの近況 プレミアリーグの ビッグ6の一角にして、昨季チャンピオンズリーグ準優勝チームが トッテナムです。 2月16日のアストン・ヴィラ戦(3-2)以降、公式戦5試合連続で白星から遠ざかっている。 ハーフエライン付近で、 ライプツィヒが 思った通りにボールを奪取し、ライン裏目指して「ヨーイドン!」というパターンが成立しやすいのです。 レアル・マドリード対マンチェスター・シティー• もっとも、RBはレッドブルの略称ではなく、レッドブル社が編み出した「RasenBallsport」(芝生球技)という造語だ。 GKロリスは反応したもののはじききれず、ライプツィヒが今度こそ追加点を手にする。 初見の相手からしたら非常に嫌な相手だと思います。 ここぞという1試合で、特別な勝ち筋をデザインするという点においては素晴らしい監督ですから、「終わってみると、なんだか今日は ライプツィヒのプレスが空回りしていたな」という試合になっていてもおかしくはありません。 ベンチに座れとばかりにイエローカードを提示される。 そうやって最後まで主導権を渡さなかったライプツィヒが、ひとまず1stレグを制することになったのである。 ボールを保持するが遅攻にこだわりはない UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、トッテナム対RBライプツィヒが現地時間19日に行われ、0-1でライプツィヒが勝利を収めた。 アディショナルタイムの5分間、足をつる選手が出ながらも急造の守備陣で耐えきったライプツィヒが敵地で貴重な勝利を手にした。 彼らがこのまま躍進を続けるようなら、ドイツ国外での視聴者は右肩上がりで増えていくことだろう。 完全アウェイと化した北ロンドンの地で、昨季CL準優勝チームとの対戦で輝きを放ったのは、レッドブルサッカーのDNAだった。 一方のライプツィヒも、主将のヴィリ・オルバン、イブラヒマ・コナテと本職のセンターバック2人が負傷離脱している中、ダヨ・ウパメカノも出場停止で欠く緊急事態。 前節ライプツィヒは敵地アリアンツ・アレーナ(Allianz Arena)での直接対決でバイエルンと0-0で引き分けており、クレシェSDは王者に圧力をかけ続ける勝利だとコメントした。 彼らのサッカースタイルの特徴は 「極端なゲーゲンプレスとショートカウンター」です。 このため本来サイドバックのマルセル・ハルステンベルグとルーカス・クロスターマンがセンターバックに入り、さらには19歳アンパドゥとの急造3バックで臨んだ。 かつてで新時代を切り開いた監督を破り、新時代の到来を告げた「次世代の名将」ナーゲルスマン監督の今後の采配にも注目したいです。 それでも21分、ライマーの大きなサイドチェンジを左サイドで受けたアンヘリーノのクロスを、ニアサイドに飛び込んできたザビツァーがヘディング。 失点増の要因はゴールキーパーのロリスが不調、アルデルバイレルトやヴェルトンゲンのスピードの衰えなどと言われていますが、 攻撃陣の機能不全による不用意なボールロストが増えた結果、ピンチの数自体が増加しているのではないかと私は考えています。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 概要 [ ] 2009年に当時5部ののライセンスを飲料メーカーのが買収した上で新たに発足したクラブ。 この選手、移籍が成立した直後のマンシティ戦で先発出場、決勝弾を決めております。 RBライプツィヒのダヨ・ウパメカノ(右)にマークされるヴェルダー・ブレーメンの大迫勇也(2020年2月15日撮影)。 ビッグネームをかき集めはしないものの、スタッフを含む人材やトレーニング設備などハードとソフトの両面に、レッドブル社の潤沢な資金を投じながら急成長していった結果、RBライプツィヒはなにより伝統を重んじる他クラブのファンから疎まれる存在となったのだ。 順当に考えればRBライプツィヒが勝ちそうだが… 1戦目は トッテナムホームでしたが、0-1で ライプツィヒが予想外の勝利を収めました。 勝利したのは、2月16日のアストン・ヴィラ戦(3-2)だけとなっている。 ハルステンベルク(RBライプツィヒ)• 16分の場面のようにトッテナムが前がかりになり、自陣でボールを奪った時に敵陣にスペースがある時は、カウンター主体の旧スタイルを彷彿とさせる少ないタッチ数で縦に速く攻め込んだ。 今季からライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督は、極端なまでに縦一辺倒のカウンター型だったチームにポゼッション型を導入したが、その要諦は敵陣で綺麗にパスを繋ぐことではないようだ。 後半もロングボールは増やしたもののセカンドボールの回収役が少なく、状況は変わらず追加点を許しゲームセット。 プレースキックで見せ場も 8 ウィンクス 5. RBライプツィヒの前身は当時5部に所属していたマルクランシュタットで、2009年にレッドブル社がこのクラブのライセンスを取得。 2012-2018• 2月19日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦、対トッテナム・ホットスパー戦。 ローン移籍 [ ] in No. ハイライト動画 ムキエレが軽傷であることを願いたいですね。 5倍」と、前者の優勢が予想されている。 ライプツィヒのマルクス・クレシェ(Markus Kroesche)スポーティングディレクター(SD)は、敵地ロンドンでのトッテナム戦を見据え力をセーブして勝利したチームを称賛した。 アウェイでの弱さはマウリシオ・ポチェッティーノ前体制でも指摘されていたことだが、悪癖は今も改善されていない。 そのまま試合は3-0で終了し、ライプツィヒはクラブ史上初のCL準々決勝進出を果たす。 どちらが支配権を得られるかが勝負所でした。 5 前後半の立ち上がりの好守に加え、直接FKをビッグセーブ。 ザビッツァーに注目 注目選手としてはセンターフォワードのティモ・ベルナー…、を話すと普通なので、 マルセル・ザビッツァーを挙げます。 中盤でハリー・ウィンクスやジオバニ・ロ・チェルソがボールを持てば、徹底的に潰した。 5のオッズが渋かったので、どちらかのチームに寄ることを期待し、こちらで勝負します。 組み合わせ• 80分、ロ・チェルソに代わってジェルソン・フェルナンデスを投入したトッテナムだが、依然として中盤で潰し合う展開が続き、互いにシュートまで行くことができない。 ハリー・ケインとソン・フンミンが負傷離脱中とはいえ、昨年11月のジョゼ・モウリーニョ監督就任以降、最悪のスランプに陥っている。 オリンピック・リヨン対ユベントス• センターバックの ウパメカノ、右サイドバックの ムキエレ、攻撃的センターハーフの ヌクンクや ダニ・オルモ、フォワードの ヴェルナーなど、今夏の移籍市場で争奪戦になりそうな選手がいますので、名前を覚えておくと知ったかぶりができるでしょう。 ユヌゾヴィッチ(ザルツブルク)• ムキエレが顔面にボールを受けて意識を失い、タイラー・アダムスが代わりに投入される。 ボールを持たされると苦戦傾向にあった昨シーズンまでとは打って変わり、サッカーの幅が広がっている。 2012-2018• 今回の対戦では、怪我や出場停止でDF陣の欠場が多く(キャプテンのヴィリ・オルバン、イブラヒマ・コナテ、ダヨ・ウバメカノ)、失点する可能性が増すと思われます。 変則的な相手3トップの動きに翻弄される場面も目に付いたが、最後のところでは粘った MF 30 ジェジソン・フェルナンデス 5. 今季からライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督は、極端なまでに縦一辺倒のカウンター型だったチームにポゼッション型を導入したが、その要諦は敵陣で綺麗にパスを繋ぐことではないようだ。 ダカ(ザルツブルク)• 1stレグの勝利で貯金した1点のリードはあったため焦らなくとも良さそうなものだったが、序盤はしばらく様子を見よう…といったところはなかった。 そのため表向きには 「RasenBallsportの略だ」とクラブ側は主張しています。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• このシステムが今回は機能し、トッテナムに基本的にサッカーをさせないことに成功していた。 加えてハリー・ケインやソン・フンミンを欠いたことで、トッテナムの選手たちには、強力なプレスを掛けられた時の逃げ道が少なかった。 (記事/Footmedia). シック(RBライプツィヒ)• 11月中旬に監督がモウリーニョに交代して一時的に上向いたものの、(カップ戦等含めて)ここ5戦勝利無しでプレミアリーグでは8位に甘んじています。 試合はホームのライプツィヒが3-0で勝利、2試合合計も4-0とし準々決勝進出を決めた。 チャンピオンズリーグにおいても、グループステージでバイエルンに7失点という惨たらしい試合がありました。 2016 MF [ ]• その結果チーム全体が若く、ビッグクラブから狙われるような 若手有望銘柄が多数存在するチームです。 ライプツィヒはブンデスリーガ3試合を戦い、1勝2分け。 2015- DF [ ]• ヴェルナーが言及したように、トッテナムがマイボールにしても即座に切り替えて、飢えたハイエナの群れのように「守備に固執」して襲いかかってくる。 現地時間19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが行われ、トッテナムとRBライプツィヒが対戦した。 この戦術変更からも、32歳の青年監督が敵陣でパスを繋ぐためにポゼッション型にこだわっていないことが分かる。 稀代の戦術家は昨夏の就任後、真っ先にボールポゼッションの改善に着手した。 29試合40失点と、 ビッグ6では最も失点が多く、昨シーズンの総失点(38試合39失点)を既に超えています。 まとめ RBライプツィヒがこの先、どこまで行くのか個人的にも楽しみではある。 敗れたトッテナムはスコア以上の差を感じさせる一戦となってしまったため、敵地でのセカンドレグで逆転に向けてモウリーニョ監督がどのような策を講じてくるかが注目された。 クーニャは、昨季[…]• ベスト8進出の絶好のチャンスが降ってきたようなものである。 相手3バックの脇を狙い同サイドを圧縮しながらを駆使し、いかに前を向くかに主眼を置くサッカーでを圧倒しました。 ルックマン(RBライプツィヒ)• 完全アウェイと化した北ロンドンの地で、昨季CL準優勝チームとの対戦で輝きを放ったのは、レッドブルサッカーのDNAだった。 現在の不調の原因は 「攻撃の駒不足」ですね。 2012-13• 5バックで自陣に引いて、専守防衛に徹した。 内紛と怪我人による戦力ダウン 今期はポチェッティーノ監督と選手が仲違いしたとかでスタートに躓きました。 アトレチコ・マドリッド対リヴァプール• クロスターマン(RBライプツィヒ)• 左:ルーカス・モウラ 右:ダヨ・ウパメカノ [写真]=Getty Images トッテナムで活躍が期待されるのが、ルーカス・モウラだ。 フォルスベリ(RBライプツィヒ)• このチームの監督こそが 若き戦術家ナーゲールスマン。 虎の子の1点を守り切る守護神の働き DF 16 クロステルマン 6. また、レッドブルはクラブのオーナーではなく保有権を一部持つスポンサーの形を取っている。 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない. 30 23:42 『kicker』は、ヘルタ・ベルリンがRBライプツィヒのマテウス・クーニャ獲得に関心を示していると報じた。 そういう極端なスタイルですから、 ハマる時とハマらない時の差が顕著です。 ドルトムント対パリ・サンジェルマン• しかし、クラブ史上初のCLベスト8進出を狙うライプツィヒにとっては、どこかふてぶてしい褐色のウインガーの離脱は、ベルフワインには申し訳ないが、朗報だったに違いない。 しかし、日常とは異なるイングランドの地で、ホーム&アウェイ方式とは言え、一発勝負に近いCLの決勝トーナメントという超高密度の空間は、改めてライプツィヒの選手たちの中に染み付いたレッドブルのDNAを呼び起こしたようだ。 ヴェルナー(RBライプツィヒ)• <後半20分>この時間帯に初めて得たコーナーキック、ゴチャゴチャになったゴール前で デリ・アリが押し込んで トッテナム追い付く! 1-1 <後半30分> ラメラが交代で入る <後半42分>泥仕合による疲労からプレス強度が落ちた瞬間を突いて、 元気なラメラがドリブル突破してゴール! トッテナム逆転! 1-2 <試合終了> 合計2-2、アウェイゴール差で トッテナムの勝ち抜け! こんな感じでグチャグチャになり、 綺麗なカウンターとか綺麗に崩したゴールは生まれずに、偶然の突発事態に上手く対応できた トッテナムが勝つと予想します。 カウンターに備えた位置取りで焦れずにプレーし決定機にも関与 20 デレ・アリ 5. オルバン(RBライプツィヒ)• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• FC Cologne)と戦うバイエルンに2ポイント差をつけた。 ナーゲルスマンが激怒して第4審判に詰め寄る。 ライプツィヒはDFルーカス・クロスターマン(Lukas Klostermann)、FWパトリック・シック(Patrik Schick)、MFノルディ・ムキエレ(Nordi Mukiele)が得点を記録しホームで快勝した。 87分にお役御免のザビツァーに代わってフォルスベリを投入したライプツィヒは直後のプレーで左サイドを崩し、マルセリーノの折り返しをゴール前のアダムスが潰れ、こぼれ球をフォルスベリが押し込んで3点目。 1点リードした後の75分以降、ナーゲルスマン監督はカウンター型に切り替える。 リードした状態でホームに戻って第2戦ですから圧倒的有利です。 ショボスライ(ザルツブルク)• 18 1:00 『Sky Sports』は、PSGのタンギ・クアッシが来夏のRBライプツィヒ入りに近づいていると報じた。 2019. アシメル(ザルツブルク)• 5 持ち味の機動力とカバーリングセンスを武器に中央の危険なエリアをケア。 「打つ手なしの完敗」とも言える内容でCLの舞台から姿を消しました。 それは12年夏にスポーツディレクターに就任したラルフ・ラングニックが植え付けた戦術「RBスタイル」だ。 ライプツィヒが2点をリードして試合を折り返した。 勝負に勝ったのはの方でした。 RBライプツィヒやホッフェンハイムが毛嫌いされているのは、ひとえに「カネの力で成り上がった」からだ。 では kichitan. 左サイドを抜けたアンヘリーノのラストパスを、ゴール前のヴェルナーがスルー。 そのチャンピオンズリーグでは2017年10月18日第3節の戦で3-2で勝利をあげ、クラブ史上初のチャンピオンズリーグでの勝利をあげた。 後半、3点が必要なトッテナムが攻勢を強める中、ライプツィヒは52分にアクシデントが発生。 77分にシックに代えてユスフ・ポウルセンを、83分にはライマーに代えてエミル・ホシュベリを投入。 きっとこの現象が起きます。 だからか、試合が始まるとライプツィヒの選手たちは、トップギアでトッテナムのゴールに向かった。 RBライプツィヒではアンダーカテゴリーの監督やラングニックのアシスタンコーチとして働いたこの[…]• 得点を決めて喜ぶRBライプツィヒのパトリック・シック(右、2020年2月15日撮影)。 後日、チーム側は対応が誤りであったことを認めている。 極端に『縦に速い』スタイル 閑話休題、 ライプツィヒのやっているサッカーについて話ましょう。 ブレーメンは元々、モナコのヘンリクスを狙っていた(RBライプツィ[…]• 脚注 [ ]. 現地時間10日、チャンピオンズリーグはラウンド16のセカンドレグが行われ、RBライプツィヒはホームにトッテナムを迎えた。 ムウェプ(ザルツブルク)• 0 アタッキングサードでの質は決して高くなかったが、フィジカルと豊富なスタミナを武器に絶え間なくアップダウンを繰り返した 27 ライマー 6. アデイェミ(ザルツブルク)• そして10分後には追加点を奪った。 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 奥川雅也(ザルツブルク)• チェルシー対バイエルン• 守備がどこか不安定 チャンピオンズリーグ経験 ほとんど無い まずまずあり(昨年準優勝) モウリーニョ監督のUCL経験は当代随一と言える 新旧理論派監督対決として注目されているのがこの RBライプツィヒ対 トッテナムです。 さらにこぼれ球を繋いでティモ・ヴェルナーが至近距離からシュートを放つも、再び守護神ロリスが立ち塞がる。 ゴール前でもセンターバックのダヨ・ウパメカノが鉄壁の守備を見せる。 強度の高い守備とボール奪取後の速攻という武器を存分に発揮して、とっとと好機をモノにしてしまおうとでもいうように、スパーズに食ってかかった。 これが左のポストに当たってネットを揺らし、ホームのライプツィヒが幸先よく先制する。 0 地味ながら仕事量が多く主将としてチームを助けるシーンが目立った 3 アンヘリーニョ 6. 1点リードした後の75分以降、ナーゲルスマン監督はカウンター型に切り替える。 3月10日にチャンピオンズリーグ(CL)の決勝ラウンド1回戦の2ndレグを戦うRBライプツィヒに、さらに追い風が吹いた。 北:1回• 一方、ライプツィヒは欧州大会でPK戦を戦ったことがない。 アンパドゥ(RBライプツィヒ)• とは言え、上述した通り ライプツィヒの戦術はハマる時、ハマらない時の差が激しいので、ディフェンスラインの裏にポンと出されたパス1本で得点が入って並ばれてしまい、敗戦するという可能性も低いながら、確実にあります。 しかし、日常とは異なるイングランドの地で、ホーム&アウェイ方式とは言え、一発勝負に近いCLの決勝トーナメントという超高密度の空間は、改めてライプツィヒの選手たちの中に染み付いたレッドブルのDNAを呼び起こしたようだ。 5 ボールを持たせる展開の中で読みを利かせたカバーリングが光った。 トッテナムのホームで行われたファーストレグを、ヴェルナーのPKで1-0と競り勝っているライプツィヒ。 そしてボールを動かしながら、隙あらば一気に縦のスペースを狙う攻撃を繰り出している。 16分の場面のようにトッテナムが前がかりになり、自陣でボールを奪った時に敵陣にスペースがある時は、カウンター主体の旧スタイルを彷彿とさせる少ないタッチ数で縦に速く攻め込んだ。 2013-• トッテナムに付け入る隙を与えてしまっている状況だが、トッテナムもそのチャンスを生かすことができない。 コイタ(ザルツブルク)• アンジェリーノの左サイドからのクロスを、またもザビツァーがニアに飛び込みヘディングで合わせる。 ウルマー(ザルツブルク)• ライマー(RBライプツィヒ)• グチャグチャになって1-2でトッテナムが勝ち抜ける妄想 さて、試合の妄想予想です。 よく耳にするのは「ボールを奪ったら5~10秒以内にゴールを奪う」という独自のコンセプトだろう。 ライプツィヒは前半に比べてボールロストが多くなり、特に奪った後、攻撃に切り替わった際のミスが散発。 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• ライプツィヒが2点をリードして試合を折り返した。 今季からライプツィヒを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督は、極端なまでに縦一辺倒のカウンター型だったチームにポゼッション型を導入したが、その要諦は敵陣で綺麗にパスを繋ぐことではないようだ。 先制したライプツィヒは62分にも決定機。 オカフォー(ザルツブルク)• ライプツィヒは前半に比べてボールロストが多くなり、特に奪った後、攻撃に切り替わった際のミスが散発。 現在、ホームでの公式戦は8戦無敗(5勝3分け)を続けているが、クリーンシートで終えたのは1試合だけと失点癖は解消されていない。 より正確には、その3人を並べるしかなかった、と言えるだろう。 ただでさえ手負いの相手攻撃陣が、さらに手薄になるのだ。 4年前にブンデスに昇格した直後の快進撃を支えた、縦に特化した選手たちをピッチに送り込んだ。 コンラート・ライマーが右サイドを鋭く突破。 2012-13年 2012年に、がスポーツディレクターに就任すると2012-13シーズンはレギオナルリーガで優勝 2013-14年 2013-14シーズンもで2位に入り2年連続で昇格を果たした。 後半、3点が必要なトッテナムが攻勢を強める中、ライプツィヒは52分にアクシデントが発生。 負傷離脱中のヴィリ・オルバンとイブライマ・コナテは引き続きプレーできない見込みだが、ディフェンスの要が起用可能となった。 呼び起されたDNA [4-4-2]でブロックを敷いて自陣に構えるスパーズに対して、センターFWのパトリック・シックのポストプレーを軸に、ヴェルナーを左か中央でフィニッシャーとして活かすべく連動性で崩しにかかることもあったが、やはりワンタッチ、ツータッチでの素早いパス回しが基本になっていた。 再三のチャンスメークで見せ場を作った FW 18 エンクンク 5. タレント力や経験値で上回る強豪を相手に冷静にボールを回し、ほとんど危なげのない試合運びで1-0の完勝を収めてみせた。 ライプツィヒとしては引き分け以上で勝ち抜けが決まるため、ウパメカノを中心とした守備陣の奮闘が重要なポイントとなりそうだ。 しかし、CLにおける経験値はトッテナムの方が上だろう。 ヘルタ・ベルリンは、ミランでイブラヒモヴィ[…]• (文:本田千尋) 2020年02月20日 Thu 11時31分配信 text by photo Getty Images Tags: , , , , , , , , , , , 【写真:Getty Images】 後半のアディショナルタイムに入ってなお、ボールを失った直後に奪い返しに行く姿勢=ゲーゲンプレッシングが徹底されていたところに、この試合に対するRBライプツィヒの意識の高さが現れていた。 関連する記事• 2点をリードしているライプツィヒのベンチが先手を取って動いていく。 さらに59分、エンクンクに代わってハイダラを投入。 すると迎えた10分、カウンターから右サイドを抜けたライマーの折り返しをエリア内右で受けたヴェルナーのシュートはブロックされるが、こぼれ球を拾ったヴェルナーの落としをペナルティーエリア手前のザビツァーが思い切りよく狙う。 その場合、分が悪いのはトッテナムかもしれない。 ナポリ対FCバルセロナ• 崩しを一手に担っていた エリクセンが契約延長を渋り、契約切れ前の今冬にインテルに移籍してしまいました。 無茶なロングカウンターは止めて、ディフェンダーとミッドフィルダーでパス交換をしながら押し上げるようなシーンも見られるますね。 トッテナムに付け入る隙を与えてしまっている状況だが、トッテナムもそのチャンスを生かすことができない。 ストーミング系の戦術で一時は得点もするが失点も多いというリスクの高いサッカーをしていましたが、監督交代や戦術の微調整もあり失点数も抑えられてきている印象です。 【得点者】 10分 1-0 ザビッツァー(ライプツィヒ) 21分 2-0 ザビッツァー(ライプツィヒ) 87分 3-0 フォルスベリ(ライプツィヒ).

Next|Next|Next