ボイ ヤン スラット。 クラウドファンディングで地球を救う素晴らしい取り組みが…

【島News】対馬島とオランダのNPO団体が提携。2016年夏以降に大規模な海洋ゴミ回収を計画|ritokei(離島経済新聞)

🙃 ボイヤン・スラット氏は、オランダの発明家であり起業家。 9月8日に5年がかりで開発を重ねてきたプロジェクトを始動させたばかりで、世界中の期待を一手に浴びている。 海洋プラスチックの問題というと、ビニール袋などを誤飲してしまったクジラの胃袋の写真やストローが刺さったウミガメなど、水生生物への悪影響がクローズアップされがちですが、堅達さんの著書はそのことに触れつつも、もっと大きな問題に注目しています。

5

クラウドファンディングで実現した「世界初のプラごみ回収装置」とは

👌 この実験を皮切りに、NPO法人「The Ocean Cleanup」は今後さらに装置や場所の規模を拡大することを考えている。 現在のシステム001はどこに? 2018年9月8日にサンフランシスコを出航した「オーシャン・クリーンアップ」の「システム001」は天候に左右されながらも航行を続け、運用テストを行った後、無事に「太平洋ごみベルト」に到着。

新規事業アイデアには価値はない?アイデアより大切な事

👌 1ビュー カテゴリ: ,• 可能かどうか、それを確かめるには、まず実際試してみるしかない。 だが、回収装置の初の実証試験に世界と科学者たちが注目していることも理解していると語った。 余談ですが、動画やクラウドファンディングを利用すれば、貧富の差なく大きなことが成し得る世の中になってきたことは、とても良い変化だと感じました。

2

クラウドファンディングで実現した「世界初のプラごみ回収装置」とは

⚒ 100年後の未来では、海のゴミや環境といった問題すらなくなっているかもしれない。 これを止めていかないと、海の汚染に留まらず、大変なことになります。 世界の海に何が起こっているのかを詳しく知るために、高校最後の年に海洋プラスチックゴミについての研究に没頭した。

14

太平洋に向かった巨大な「海洋清掃マシン」が、ごみを集めないまま壊れてしまった。次の一手はあるのか?

🙌 メラティさんは環境問題が最大のテーマとなったことしのダボス会議に招かれました。

あの失敗した「海洋清掃マシン」が新たな舞台で復活。東南アジアの河川でプラスティックごみを回収へ

🙄 これは、世の中を変えるポテンシャルのある人全てが感じていることだった。 画期的な取り組みであり、今後の活動に注目だ。 前記したボイヤンさんは現在、太平洋ごみベルトでのごみ回収の他に、マレーシアなどで、川から流れてくるごみを収集するシステムを稼働させています。

3

クラウドファンディングで地球を救う素晴らしい取り組みが…

👀 取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読し、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

河川からのプラスチック流入を防ぐ秘密兵器現る!その名は『インターセプター』

☝ 7ビュー カテゴリ: , , ,• この装置は全長が2kmにわたり、世界最長の浮遊建築物となる予定だ。

20

太平洋に向かった巨大な「海洋清掃マシン」が、ごみを集めないまま壊れてしまった。次の一手はあるのか?

✔ Googleの創業者であるラリー・ペイジがそんな彼らを象徴するかのようなスピーチを母校である「ミシガン大学」の卒業式で行った。